タオル、オリジナルタオルをお探しならタオルナビ タオルナビ風タオルの選び方

タオルナビ:ホーム - タオルナビ風タオルの選び方  
タオルナビ風タオルの選び方

あなたはどのようにタオルを選びますか?

あなたはどのようにタオルを選びますか?
タオルは生活で欠かすことのできない日用品、そして誰もがいつも使うものですね。
でも、いろいろな使い方がされる分だけ、いろいろなタオルがあります。
そんなたくさんのタオルの中から、あなたが求めたいタオルに出会っていただくために、
タオル選びのポイントを当サイト風に整理してみました。

正直なところ「タオルに大きなこだわりはない」と言われる方も多いと思います。
でも同じお求めになるなら、"あなた好みの良いタオル"に出会って頂いて、
より快適なタオルライフを過ごしていただけたらと思います。

第1回 『サイズ』    まずは、ご利用シーンに適したサイズ選びから

タオルのサイズや重さは決まっていない…!?

タオルのサイズは、一般的に "フェイスタオル" や "バスタオル" などの利用シーンに応じておおむね決まってきます。でも、タオルの業界で決められたサイズの規格はありません。 ですので、同じフェイスタオルでも長さや幅は、ものによって5~10cmほど違うことも少なくありません。また、重さにも同じようなことが言えます。
実際のところ、その程度の差にこだわる方は少ないかも知れませんが、少しのこだわりを持って頂くことで、よりあなた好みのタオルに出会って頂けると思います。

代表的なタオルの種類と規格

タオルサイズへのチョットしたこだわり

同じタオルの種類でも、サイズや重さがさまざまであることはご理解頂けたと思います。
ここでは、タオル選びの中で "チョットしたこだわり" をトピックでご紹介していきたいと思います。

■ 主婦目線のバスタオルサイズは? 毎日の洗濯が楽に…

バスタオルを何日ごとに洗濯しますが?というアンケートがかつてありました。 結果は、毎日から5日毎までさまざまでしたが、医師の意見では数日毎に洗濯をしないと菌が増えて不衛生とのことでした。
さて、清潔さを大切にされる主婦の方は、毎日バスタオルを洗濯されているようです。でも、一方で洗濯がたいへん。特に天気の悪い日の乾燥に困るというご意見が多いようです。
そんな主婦のみなさんが選ぶバスタオルは、 "小さ目サイズ" でした。けっして体が大きくない日本人、そして女性や子供たちのためにという主婦感から、小さ目サイズのバスタオルは、主婦の方から "使いやすい" 、 "洗濯が楽" という点でこだわりポイントになっているようです。

■ 母親目線のキッズサイズ。 使いやすさの "小さ目サイズ"

"キッズ向け" とされるタオルは決して多くありません。大人と同じ規格のタオルから選んで使うことになります。
子供たちを大切にするお母さんは、体が小さな子供たち向けには"小さ目サイズ"を選んでおられるようです。特に外出したときに使うハンカチタオル、スポーツタオル。身に着けるマフラータオルはなおさらのようです。
使うときだけでなく、持ち歩くことを考えるとポケットもバッグも小さな子供たちには "小さ目サイズ" を選ぶ。これがお母さんの優しさから生まれるこだわりポイントのようです。

■ ポケットサイズにフィットするハンカチサイズは何センチ?

ハンカチを持ち歩く場合、ポケットの中かバッグの中に入れることが多いと思います。 ハンカチタオルは20~25cm角のものが多いのですが、実はポケットに入れる場合、25cmサイズのものはポケットには少し大きいのです。 タオルハンカチは、少し厚みもあり、あまりおすすめできません。大きさが22cm程度までならポケットに上手くフィットすると思います。ガーゼタイプの生地なら厚みも抑えられます。

<<                     >>