タオル専門総合情報ナビ:タオル、オリジナルタオルをお探しならタオルナビ

タオルナビ:ホーム - タオルの知識  
タオルno知識
 検索条件を指定して『検索』ボタンをクリックして下さい。
知識の分類 検索語句 を含む  タイトルのみ表示
  1/1
 
 
タオルの種類について (製造方法からの分類) 01020

タオルの製造方法によって分類される名称には次のようなものがあります。
織り方による分類
○パイルタオル
タオル織と呼ばれる織り方で糸のループを形成しています。タオルの基本といえる織り方です。
○ジャガードタオル
ジャガード織という模様を織り込むための織り方で作られたタオルのことを言います。あらかじめ染められた糸を複雑に織り上げたタオルで、リッチな風合いが魅力です。
○ジャガードタオル (毛違い織り)タオルあげ落ち織りタオル毛違い織り
表と裏で異なる色の糸を使用して織り、表と裏で2色の色が楽しめます。
○ジャガードタオル (上げ落ち織り)
パイルの長さの長い部分(上げ)、短い部分(落ち)を組み合わせて、柄を表現する織り方です。
○ガーゼパイルタオル
縦糸にコットン、横糸にリネンを使った織り方のタオルを言います。パイルの風合いとガーゼの柔らかさをあわせ持っています。
○ワッフル織タオル
ワッフル織りとは、経浮きの多い糸と横浮きの多い糸を4角形に使って、マス型の凹凸を表面に織り出す織り方です。食べ物のワッフルに似ているのでこのように呼ばれます。凹凸で、立体感のある表面なので、肌触りがよく、吸水性に優れています。糸抜けしにくく、乾きやすいのも特徴です。
○カールマイヤー織タオル
パイル糸を基布にからませた織り方です。パイル抜けがほどんど無く、ほつれません。ストレッチヘタオル、タオルケットなどは、この織り方が使われています。

表面加工による分類
○シャーリングタオル
パイルループシャーリングパイルをカットしたものをシャーリングタオルと言います。カットの度合いに応じて、「半シャーリング」、「全シャーリング」があります。ビロードのような肌触りとツヤ感が特徴です。ループが切断されているため引っ掛かりが少ないのですが、パイルに比べると少し吸収力が低下します。
○プリントタオル
柄やイラスト等をタオル生地にプリントしたタオルを言います。プリントの方法は様々あり、色々なデザインが楽しめます。

原料糸による分類
○無撚糸タオル
糸は通常「撚り(より)」をかけて強度を保ちます。撚りの程度により、柔らかく/固く感じたり、温かく/涼しく感じます。無撚糸タオルは、撚り(より)の少ない糸で織り上げたお肌にやさしいタオルです。フワフワで柔らかい肌触りと保温性に優れていることが特長と言えます。

 
  1/1