タオル専門総合情報ナビ:タオル、オリジナルタオルをお探しならタオルナビ

タオルナビ:ホーム - タオルの知識  
タオルno知識
 検索条件を指定して『検索』ボタンをクリックして下さい。
知識の分類 検索語句 を含む  タイトルのみ表示
  1/1
 
 
タオルの干し方について 05070

干し方にも少しの気遣いをして頂くことで、タオルのフワフワ感を保ち、伸び縮みを少なくして型崩れを防ぐことができます。

パイルを開かせ(立たせ)、フワフワ感を出しましょう
干す前には、タオルを両手でパタンパタンとよく振ってから干しましょう。シワを伸ばすと同時にパイルが開くようになります。振る回数(5~30回)が多ければパイルの開きも良くなり、乾燥時のフワフワ感が増します。水分を含んで重くなった状態ですので、強く、また多く振りすぎると、柔らかく織られたタオルの場合、繊維が損傷する恐れがありますので注意して下さい
より丁寧な方法は、干した状態で、タオルの表面をなでて、パイルを開かせる(立てる)ことでもフワフワ感が増します。

ゆがみを整え、伸び縮みを防ぎましょう
伸び縮みを少なくして型崩れを防ぐために、やさしく四方を引っ張ってゆがみを整えてから干しましょう。

日当たりよりも風通しのよい場所で干しましょう
タオルのフワフワ感は、繊維の間に空気を通しながら、繊維がほぐされた状態で乾燥することで生まれます。日差しが強すぎで急激に乾燥したときや、あまり風のない状態で乾燥したときは、フワフワ感はあまり期待できません。

乾燥機の使用は、時と場合によって
乾燥機は、人工的に風を送り込みながら乾燥しますのでフワフワの仕上がりになりますが、繊維が擦れ合いながら乾燥しますのでタオルが傷みやすくなります。洗濯日和の日は、できれば外で自然の風を受けて乾かしてあげて下さい。

 
  1/1