TOWEL:Navi
[ ピックアップ ] マスク トレンド
必需品となったマスク、機能性もファッション性も多様化するマスク動向
face mask
フェイスマスク

今やマスクは生活の必需品になりました。コロナウィルスの蔓延が始まった頃、不織布製の普通のマスクさえ手に入らない状況でした。しかし、今では以前では考えられないような企業がマスクの製造や販売を手掛けるようになり、素材・デザイン・機能性・価格帯、いずれも急速にしかも著しく多様化しました。
マスクの素材は、大きく "不織布" 、 "布" 、 "ウレタン" の3素材に分類されるようです。本来のマスクとしての飛沫除去効果は、不織布が圧倒的に高く、布・ポリエステルはその1/5、ウレタン製はほとんど効果がないという報告があります。不織布は主に "使い捨て" 、布やウレタンは、洗って "繰り返し利用" できることが好まれる点です。
機能性とは別に、自粛や巣ごもりでストレスが高まる中、常に付けているマスクでも多少なりともお洒落にしたいという気持ちになることも自然なことと思います。その点、布・ウレタン製のマスクは、色柄・形状・素材感などファッション性もあります。不織布マスクにも色柄のあるものが販売されていますが、さほど多様ではありません。 効果と見た目を両立するために、不織布マスクの上に、お気に入りのデザインのマスクをされる方も多くなりました。

今回のピックアップでは素材による効果の違いを理解しつつも、タオルを取り上げる立場から "布・ポリエステル製のマスクのマスクトレンド" を取り上げてみたいと思います。

いろいろな衛生面のサポート機能

フェイスマスク

マスクに期待する効果は飛沫を除去することです。次に気になることは、除去され、マスクに着いた飛沫にどう対処するかです。触れないことが一番良いのですが、ズレを直したりするときに触れてしまうことも少なくありません。
最近のマスクには、ウィルスの感染力を不活化(低下・消滅)させるような化学的な "抗ウィルス加工" を施したものが販売されています。また、細菌は飛沫にも存在しますが、自分自身の汗や唾液などから持ち込まれることがあります。長時間の使用により、大きく増殖に臭いがしたりして不衛生な状態になります。細菌への対応として、 "抗菌防臭加工"  を施したものも販売されています。
巣ごもりの中で、心身ともに良いとは言えない状況では免疫力も低下しがちです。思わぬ感染を招くことがありますで、マスクを衛生的に使用されることにも是非気を配って頂きたいと思います。

暑い季節 求められる "ひんやり触感" 

フェイスマスク

暑い季節、マスクを付けるのはたいへん辛いものです。日差しも強く日焼けの跡が目立つのも嫌なものです。通気性の高いウレタン素材のマスクでは、本来の飛沫除去効果は期待できません。
おすすめは、 "接触冷感加工" されたマスクです。加工方法にはいくつかの種類があるようで、どの程度涼しさを感じるかは一律ではないようです。




TOWEL:Navi
[ ピックアップ ] マスク トレンド
必需品となったマスク、機能性もファッション性も多様化
フェイスマスク

今やマスクは生活の必需品になりました。コロナウィルスの蔓延が始まった頃、不織布製の普通のマスクさえ手に入らない状況でした。しかし、今では以前では考えられないような企業がマスクの製造や販売を手掛けるようになり、素材・デザイン・機能性・価格帯、いずれも急速にしかも著しく多様化しました。
マスクの素材は、大きく "不織布" 、 "布" 、 "ウレタン" の3素材に分類されるようです。本来のマスクとしての飛沫除去効果は、不織布が圧倒的に高く、布・ポリエステルはその1/5、ウレタン製はほとんど効果がないという報告があります。不織布は主に "使い捨て" 、布やウレタンは、洗って "繰り返し利用" できることが好まれる点です。
機能性とは別に、自粛や巣ごもりでストレスが高まる中、常に付けているマスクでも多少なりともお洒落にしたいという気持ちになることも自然なことと思います。その点、布・ウレタン製のマスクは、色柄・形状・素材感などファッション性もあります。不織布マスクにも色柄のあるものが販売されていますが、さほど多様ではありません。 効果と見た目を両立するために、不織布マスクの上に、お気に入りのデザインのマスクをされる方も多くなりました。

今回のピックアップでは素材による効果の違いを理解しつつも、タオルを取り上げる立場から "布・ポリエステル製のマスクのマスクトレンド" を取り上げてみたいと思います。

いろいろな衛生面のサポート機能

フェイスマスク

マスクに期待する効果は飛沫を除去することです。次に気になることは、除去され、マスクに着いた飛沫にどう対処するかです。触れないことが一番良いのですが、ズレを直したりするときに触れてしまうことも少なくありません。
最近のマスクには、ウィルスの感染力を不活化(低下・消滅)させるような化学的な "抗ウィルス加工" を施したものが販売されています。また、細菌は飛沫にも存在しますが、自分自身の汗や唾液などから持ち込まれることがあります。長時間の使用により、大きく増殖に臭いがしたりして不衛生な状態になります。細菌への対応として、 "抗菌防臭加工"  を施したものも販売されています。
巣ごもりの中で、心身ともに良いとは言えない状況では免疫力も低下しがちです。思わぬ感染を招くことがありますで、マスクを衛生的に使用されることにも是非気を配って頂きたいと思います。

暑い季節 求められる "ひんやり触感" 

フェイスマスク

暑い季節、マスクを付けるのはたいへん辛いものです。日差しも強く日焼けの跡が目立つのも嫌なものです。通気性の高いウレタン素材のマスクでは、本来の飛沫除去効果は期待できません。
おすすめは、 "接触冷感加工" されたマスクです。加工方法にはいくつかの種類があるようで、どの程度涼しさを感じるかは一律ではないようです。