TOWEL:Navi
タオル選び(8) 機能加工 : タオルに機能性を付加する技術
Function Addition

消費者の皆さんのニーズに応じた繊維加工技術

タオル赤ちゃん

タオルの機能性は、主に吸水性、乾燥性、風合いで評価されることが多く、素材である糸の性質に大きく依存します。
しかし、タオルに求められる機能は時代とともに多様化し、そのニーズに応えるための技術が発達してきました。ここでは、どのような繊維加工技術があり、どのような特徴があるのかをご紹介したいと思います。

進化・多様化する繊維加工技術

○ 最も注目される衛生的な機能 抗菌・制菌・抗ウィルス加工

抗ウィルス加工タオル

タオルは人の体に触れるものですので衛生的であることがとても大切な要素です。しかし、お洗濯だけでは衛生を保つことが難しいこともあり、細菌への対策、コロナ禍で注目されるウィルスへの対策の一環として、抗菌・制菌・抗ウィルスの加工を施したタオルが注目されています。
抗菌効果のある素材をマイクロカプセル化してタオルに付着させたり、抗ウィルス性のある金属粒子を付着させるなどの技術があります。

○ 女性の方は特に気になる スキンケア加工

肌に触れるタオルでは、スキンケアという点からもたくさんのニーズがあります。肌のPHコントロール、保湿性の改善、血行促進、油分除去などの効果を高める幾種類もの加工技術があります。

○ タオル本来の機能を高める  高吸水性・速乾性加工

タオルの吸水性は本来から求められる機能ですが、特殊な加工を施すことで吸水性を数倍にする技術があります。一方で吸水性を損なうことなく、速乾性だけを改善する加工技術もあります。

○ 視覚的な癒しを届ける 特殊染色加工

タオルは日常品の一つですのでインテリア的なことも求められます。お気に入りの色や柄のタオルを使うことで、人の心も癒されます。
最近では自然由来の染料で染めた色を好まれる方も多くなり、体に優しい自然の色素を使用することで安全と安心も求められることも少なくありません。草木(ベニ花、ウコン、柿渋など)、飲料(紅茶・緑茶・コーヒーなど)、食べ物(野菜など)の色素で染色する技術もたいへん多様となりました。
また用途は様々ですが、蛍光性塗料を使用して染色し、タオルが輝いて見える技術もあります。

○ 香りによる癒し 芳香加工

UV

最近では、衣類に香りが残る洗濯洗剤が一般的となりました。タオルの加工技術にも香りに関連する技術があります。アロマ加工、各種芳香剤付着加工、マイナスイオン加工など、色々なものがあります。

○ 多様化する加工技術

ここまでご紹介した加工技術以外にも、その他にも、UVカット、涼感性向上、ふんわり加工、防炎加工など、加工技術は進化し多様化しています。

1
2
3
4
5
6
7
8
TOWEL:Navi
タオル選び(8)
Function Addition
機能加工 : タオルに機能性を付加する技術

消費者の皆さんのニーズに応じた繊維加工技術

タオル赤ちゃん

タオルの機能性は、主に吸水性、乾燥性、風合いで評価されることが多く、素材である糸の性質に大きく依存します。
しかし、タオルに求められる機能は時代とともに多様化し、そのニーズに応えるための技術が発達してきました。ここでは、どのような繊維加工技術があり、どのような特徴があるのかをご紹介したいと思います。

進化・多様化する繊維加工技術

○ 最も注目される衛生的な機能 抗菌・制菌・抗ウィルス加工

抗ウィルス加工タオル

タオルは人の体に触れるものですので衛生的であることがとても大切な要素です。しかし、お洗濯だけでは衛生を保つことが難しいこともあり、細菌への対策、コロナ禍で注目されるウィルスへの対策の一環として、抗菌・制菌・抗ウィルスの加工を施したタオルが注目されています。
抗菌効果のある素材をマイクロカプセル化してタオルに付着させたり、抗ウィルス性のある金属粒子を付着させるなどの技術があります。

○ 女性の方は特に気になる スキンケア加工

肌に触れるタオルでは、スキンケアという点からもたくさんのニーズがあります。肌のPHコントロール、保湿性の改善、血行促進、油分除去などの効果を高める幾種類もの加工技術があります。

○ タオル本来の機能を高める  高吸水性・速乾性加工

タオルの吸水性は本来から求められる機能ですが、特殊な加工を施すことで吸水性を数倍にする技術があります。一方で吸水性を損なうことなく、速乾性だけを改善する加工技術もあります。

○ 視覚的な癒しを届ける 特殊染色加工

タオルは日常品の一つですのでインテリア的なことも求められます。お気に入りの色や柄のタオルを使うことで、人の心も癒されます。
最近では自然由来の染料で染めた色を好まれる方も多くなり、体に優しい自然の色素を使用することで安全と安心も求められることも少なくありません。草木(ベニ花、ウコン、柿渋など)、飲料(紅茶・緑茶・コーヒーなど)、食べ物(野菜など)の色素で染色する技術もたいへん多様となりました。
また用途は様々ですが、蛍光性塗料を使用して染色し、タオルが輝いて見える技術もあります。

○ 香りによる癒し 芳香加工

UV

最近では、衣類に香りが残る洗濯洗剤が一般的となりました。タオルの加工技術にも香りに関連する技術があります。アロマ加工、各種芳香剤付着加工、マイナスイオン加工など、色々なものがあります。

○ 多様化する加工技術

ここまでご紹介した加工技術以外にも、その他にも、UVカット、涼感性向上、ふんわり加工、防炎加工など、加工技術は進化し多様化しています。

1
2
3
4
5
6
7
8
広告
大切な方への最高級いちごギフト
いつもあなたのそばに… かたわらイチゴ